コミュニケーション

昨日は、ワンちゃんの散歩をしてまいりました。
と言ってもうちの犬でもないですし、彼女(トイプードル)の気が乗ってこないらしく、散歩と言ってもほんの10分くらいでしたが・・・。

うちは動物を飼っていないのだけれども、
動物園で動物を見たり、誰かの家のペットちゃんと遊んだりすると、
「何考えてるんだろうなー。」と思うことがたくさんあります。
今なんでほえてるんだろー。
なんでくるくる廻ってるんだろう。
今日はなんでぺろぺろなめてくるんだろー。

あー、お腹すいてるんだなぁ。
とかなんとなくわかった気になるときもあるけど、
「こいつ、何考えてんだろうなぁ」と思うことがしょっちゅう。

理由は、私たちが使う言葉を使ってコミュニケーションしないから。

でも、ほんとにそうなのかなぁ。
言葉を使えば、相手が何を考えているのかちゃんとわかっているのか。
伝えられているのか。
ノンバーバルコミュニケーションがコミュニケーションの大半とか言うし。

だいたい、ヒトが考えていることのどのくらいを私は理解しているんだろう。
ものすごく近いと思っていた人の知らない一面を見る度に、
そのヒトがものすごく遠い存在に思えたりします。



一人の人間が、他のひとりの人間について十全に理解するというのは果して可能なことなのだろうか。
つまり、誰かのことを知ろうと長い時間をかけて、真剣に努力をかさねて、その結果我々はその相手の本質にどの程度まで近づくことができるのだろうか。我々は我々がよく知っていると思い込んでいる相手について、本当に何か大事なことを知っているのだろうか。

村上春樹 『ねじまき鳥クロニクル』 第1部泥棒かささぎ編より

[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2006-10-29 10:25 | ひとりごと  

<< はぁぁ 好調☆ >>