カテゴリ:in China( 14 )

 

上海 Shanghai

中国シリーズさいごの都市は、ご存知上海

中国はどこ行っても、「けっこう都会じゃん」と思ったけれど、
ここ上海は大都会。

都会といっても、首都であり無機質な印象をうけた北京とは違い。
もっと活気があって、若々しくて軽い感じ?

テレビ党に上って夜景を見下ろした。
よ園に行って、ちょっと変わった街並みを眺めた。
ぷらぷらと高級ショッピング街や、もっと庶民的な通りをぶらぶら歩いた。

でも、実は、一番印象的だったのは。。。

上海のYH、上海老船长青年旅舍の近くにあった食堂の

☆しょうろんぽう☆

おいしすぎて、毎日通っちゃいました。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2004-12-20 01:46 | in China  

喀什 カシュガル 

この街では本当にゆったりと時間を使えた。
そして、この街がこのたびのメインでもあったと思う。

「中国」なんて本当に思えないような町並みや人。
毎日が、町中がバザール。
おいしいナンや、果物や、クッキーや、パンケーキやご飯。
帽子屋さんがばーーーーっと10件くらい続いて、
その次は金物屋さんがばーーーーっと続いて。
一箇所では同じものしか売らないみたい 笑

私たちのデジカメに写った自分たちを見て大笑いしてた、
あのナンを道端で作っていたおばちゃんたちも忘れられない。

生まれて初めてあんなおいしい中華食べた!ってくらいおいしくて、
通ってしまった天南飯店。

道端のやけにおいしいクッキー屋さん。

ポストカード屋さんで、応対してくれた少年に、
横断歩道で偶然会って、2人で「あっ」って顔をした、あのときの顔。


この町にはステキな記憶がたくさん残ってる。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2004-12-19 23:34 | in China  

ウルムチ 烏魯木斉

b0001869_9301780.jpg朝、列車を降りてウルムチに立つ。

・・・・・さむい。。
尋常な寒さではなく、行き先も決めぬままTAXIに乗り込む。

大都会。
中国のこんな奥にこんな大都会があるとは思わなかった。

「高層ビル」が立ち並び、
5車線くらいあって、
大きな大きなネットカフェもある。

「新疆ウイグル自治区」という名前に騙されていた気がする。

カシュガルへの切符と、カシュガルから上海へ今度は空路でいく航空券を手に入れ、
その日中にウルムチを去る。

この街は本当に寒かった。。。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2004-12-19 09:30 | in China  

西安~敦煌 in the train


西安~敦煌は列車で24時間近くかかった。
その間、持って行った本を読んだり、しゃべったりしていた。

でも、窓の外をだいぶ長いこと見ていた気がする。
ずーーっと、地平線が広がっている。
地球って広いんだよね。ほんとうに。
外には雪がすこーし残っていたり。
羊が羊飼いに追われていたり。

そんな景色を見ていると、私の日常もちっぽけというかなんというか…。
どうでもいいことに囲まれてすごしている気がしてきた。
そして私の人生の80年とか100年とかの間になせることはなんて小さいんだと。

だけど、今私がここにこうして生きているのも、ここに鉄道が走り、時計があり、
お湯を沸かせ、列車の中でカップラーメンが食べられるのも、
全て、全てがそのちっぽけな人間が命を賭けて生きてきた流れの中の積み重ねなんだと気づく。

そういった流れの中に生きている。
私のやれることは地球からすればちっぽけかもしれない。
でも小さな小さな一人一人が動くことをやめてしまえば、
これまでの全ての流れが止まってしまうんだ。

そんなことを感じた。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2004-12-19 00:12 | in China  

敦煌

b0001869_065973.jpg
敦煌

夜遅くに到着して、次の日の夕方にはウルムチに向かわなければならない。
さらに、切符が全然取れなくて、それがこの街での時間をあわただしくさせた。


街は本当に小さい。
夏に行くキャンプ場のそばにある小さな町とか村みたい。
これが世界遺産のある都市か??と思ってしまう。
でもそのくらいの大きさが心地よかったり。

敦煌の主な見所は2つ。

莫高窟  と  鳴沙山

私としては、「沙漠に雪が降る」ということ自体が意外でおもしろかった。
いまでも不思議。
雪が降るし、雪が何日も残ってるのに、なんで沙漠??


b0001869_0115444.jpg

そうそう。

もっと見るべきポイントが…
それは   

      星空

列車の到着する敦煌(柳園)駅から、敦煌の町までは120キロあるのだけど、
その間にはほんっとに何もなくて、
もう地平線の上にすぐ星が見える。

そんなのってみたことない。

実はこの旅で一番感動した瞬間だったかもしれない
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2004-12-19 00:02 | in China  

清真寺@西安

b0001869_018139.jpgb0001869_23572766.jpg










清真寺
西安にあるイスラム教の寺院。
写真のようなおじいちゃんがたくさんいて、なんだか時間がゆったりと流れてた。
でも、トルコとかの寺院とは違って、日本にもあるような仏教の寺に近かったなぁ。

清真寺のそばは、お土産がずらーっと並ぶ通りや、イスラム教徒たちが屋台をやっている通りなど、「おもしろい」通りがたくさんあった。

かなり「観光客用」の部分もあるのだろうけど、それでも日本とは違う見慣れない風景は楽しい。
観光するには、文化は違えば違うほどよい。
交流し、深く関わろうとすればまた別になってくるんだろうけど…。


次は敦煌(の予定)です
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2004-12-13 23:56 | in China  

西安 Xi’an

西安
11月5日金曜の夜、
北京から夜行で西安へ向かう。
初めての中国の列車。
硬臥という寝台車で十数時間。

狭くて身動きとるのは大変だったけど、わりと快適でぐっすり。

西安駅に降り立つと人人人。
俺のホテルにこいだなんだと言ってるんであろう人たちが寄ってくる。うざい。
そんな風に始まった西安。

私はこの街に来ることがちょっと怖かった。
前に行った友人が「南京大虐殺」の話を持ち出されたとか、そんな話を聞いていたから。

街は、北京よりずっと賑やかで明るかった。
なんというか、原宿の竹下通りにある中学生の女の子が溜まってるような服やアクセサリーのお店がいっぱいあった。

オススメは
●清真寺
●清真寺付近のお土産やさん街
●駅近くのお店の麻団(ゴマ団子)
●兵馬俑はよかった。

ガッカリは
●始皇帝陵
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2004-12-13 23:44 | in China  

雍和宮@北京

b0001869_21144975.jpg雍和宮
北京最大のチベット仏教のお寺

非常にチベットに行きたくなった。いつか行く!!!
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2004-12-13 21:14 | in China  

三里屯@北京

b0001869_2191839.jpg

三里屯

22歳の誕生日の夜を過ごしたカフェやバーがあるところ◎
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2004-12-13 21:10 | in China  

北京 Beijing

2004/11/1~5  /20~22

到着したときの一番の感想。
「あ、バンコクみたい。」
高層ビルが立ち並ぶ迫力。
でも、そのビルは、どしっと構える例えば大手町みたいな町並みではなく、
なんとなく空虚な感じ。
それから混雑した交通。
なんのためにどこへ走っているのかわからない。
だけど、本当にたくさんの車が走り、23区の20倍くらい?バスが走ってて、もちろんそれらは満員、そして、自転車。
そのせいで、空気はなんとなく曇っている。

海外旅行8回目。ある街に降り立った瞬間、国をある程度分類わけしだしている。

北京は、首都。
天安門に飾られた毛沢東の写真。
さらに死体がそのまま残っていて、中国中から観光客がそれを見に集まる。
だけど、「観光地」というのではなく、
政治の中心地ならではの、無機質な感じがどことなく漂う。

公園で朝から太極拳や社交ダンスをしている人がいたり、
いい大人がやたら凧をあげていたり、
そんな光景も目にすることができる。

*favorite place*
●雍和宮
ここはチベット仏教のお寺
なんだかその装飾とか、お寺のつくりとかが、今までにない感じでよかった☆
予定よりだいぶ長居してみた。

●夜の天安門
毛沢東の顔写真が貼ってあって、
「中華人民共和国万歳」とか書いてある真っ赤な天安門だけど、
夜はライトアップされてなんだかきれい。

●胡同
↑「ふーとん」と読みます。
北京の古い町並みが残っている地区のこと。
東京の古き下町に近いものがある。
開発でどんどんその地域は狭くなってきてしまっているのだけど、
「古さ」を利用したおしゃれなカフェやバーもあったりして、とてもいい雰囲気☆

●三里屯
飲み屋街だよ。って聞いて言ったら、
バスを降りた途端いきなりでーっかいビールのオブジェ(苦笑)
「居酒屋」というより、「バー」が立ち並ぶ。
メニューも欧米系のビールやらカクテルに、ピザやサンドウィッチ。
(もち餃子もあるけど。)
9時頃からぼちぼち混んできて、生演奏スタート。
細い道を入っていったら、なにやらおしゃれなセレクトショップが並んでる。
miumiu(ホンモノかは不明)のバッグとか、MARC JACOBSの服やらを、
おしゃれでモデルみたいなお姉さんたちが売ってました。
一見おしゃれだけど、たまに首を傾げたくなるようなものも・・・
そんなとこも中国ってことで・・・。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2004-12-13 00:54 | in China