カテゴリ:あいのり的ペルーの旅( 7 )

 

ふらっとペルー ~はらはらどきどき編~

最終日、時間が余ったので、1時間ほどスーパーに寄ることに。
よくアメリカとかにあるでっかいスーパー。
陳列具合はめっちゃくちゃで、ジュースが色んなとこにおいてあったり、
売り場の真ん中に、2羽の白兎がケースに入れられてたり…謎だらけ。

スーパーを見終えて時間が少し余ったので、友人と2人で向かいの建物に入ってみる。
そう、これがハプニングを巻き起こすことに…。

向かいの建物もさらに大きなスーパー。
とにかくでかい。なんでも売ってる。
スーパーというよりはホームセンターかな。

残り時間僅かになって来て、出口を探す。
こっちから出れれば近いなぁと、入ってきたとことは別の方向へ。

おっ!ドア発見。
出口の表示はあり。でも、なんか従業員出口っぽい。
しかしスパ語の読めない2人。
とりあえず、私がドアを押してみる。
すると。

ピコンピコンピコン・・・
ウーウーウー・・・


店のあちこちから大きな音!!!

やばいっ!!!!
思った瞬間2人ともいっそいでドアから離れ出口へ向かう。
叫び声が笑い声になりつつ2人でとりあえず逃げる。
もううちら犯人だってばればれ。
ただでさえ浮いてるうちらが笑いながら逃げていくのを睨みつけるペルーの方。。

ごめんなさいごめんなさい。
軽く遅刻してバスに戻る。  ふぅ・・・。

その後は、おもちゃから流れる電子音も、
空港で鳴るブザーも、全ての電子音にビクビク。
あーーー音だけでよかったぁ!?
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-13 03:55 | あいのり的ペルーの旅  

ふらっとペルー ~沙漠をひとりじめ編~

最終日。ナスカ観光。

6人乗りのセスナに乗り込み、いざナスカを見に行く。
落ちるんじゃないかという不安を抱きつつ、1時間半ほど沙漠を飛行。

b0001869_3211836.jpgナスカの地上へは本当に不思議だった。
もうかなり消えかけてはいたけれど、なんでこんなに長い間残ってたの??
と不思議になる。
なんでそんなに苦労してこんなでっかい絵を描いたんだろう?
色んな説があるらしいけど、そんな不思議が魅力。

9時過ぎには全員が見学を終える。超朝方生活。

b0001869_323586.jpgホテルに戻って時間があるので「サンドバギー」に挑戦。
これがめっっっっっっっちゃくちゃおもしろい。
ジープ見たいのに乗って、沙漠を駆け回る。
沙漠って言っても平らじゃなくてかなり山あり谷あり。
そこを猛スピードで駆け回る自然の作るジェットコースター。
ほんっっっっっとに誰もいない沙漠を走る開放感。もう最っ高!!!
ある意味この旅で一番おもしろかった!!

b0001869_322440.jpg砂漠から見ると、ホテルのあったとこがまさに絵に描いたような「オアシス」に成ってることがわかる。
素敵。こんな景色一生見れないかも。
大満足の末、ホテルを去る。

ランチはさらにリゾートな雰囲気満点のホテルでプールを眺めつつビュッフェ。
一口もらったビールが最高においしい☆☆

あーきてよかった。
遠いけど。あんなに飛行機乗るのほんっとにやだけど、
それでもきてよかった。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-13 03:06 | あいのり的ペルーの旅  

ふらっとペルー ~あいのり的夜の過ごし方編~

今日は移動の日。まさにひたすら移動。

クスコを去り、リマへと飛行機で戻る。ナスカの地上絵を見るべく。
リマでベッキーと再会。
ここからが長い。7時間バスの旅。

…の予定が、、、
なんとナスカ市内がストに入って、ナスカに入れないらしい!!!
そんなことってあるんですか???
タイで騙された過去から疑ってかかるも、ツアーですし信じましょう。
80ドル払えばイカという街に宿泊して、ナスカもしっかり見れる。
さらにバスで5時間くらいでOKらしい。
というわけで、地球の裏まで来て80ドルケチっても仕方ない。
全員でイカという街に向かう。

ひたすら右に海、左に沙漠の道を進む。
爆睡したため、5時間なんてあっという間。

b0001869_320232.jpg着いたところはなんて素敵なリゾート的ホテル。
しかもここは沙漠の中のオアシスにあるホテル。
全室のドアは中庭に面している。1階だての貸切的雰囲気。
ステキー☆と思いつつも、ダウン。
酔い止め効きすぎ…。みんなが沙漠に遊びに行ってる間、死んだように眠る。

夕食でおこされる。
テラスで優雅にいただきます。

今夜はやっと晴れた。お待ちかね天然天文ショー☆☆
みんなで真っ暗な沙漠へ向かう。
隣の人が誰だかわからないほどの暗闇。
メンバーの物理博士が星の解説。うーんあいのり的☆☆
南半球でしか見れないSothern Crossを探す。
「絶対あれだよ!!」言い張った私。
でも、後半色んなところに大小のクロスが見え始めて・・・。まぁ、全部見とけば、だいじょぶ(笑)

その後、ビールを飲みに行く。
湖?池?に面したレストラン?で、コスケーニャビールを飲む。
右左違う靴下を履いたおじちゃんが「ナカータ、ナカータ」と近づいてきて、
日本語講座なのか、スペイン語講座なのかわからないけどとにかく2ヶ国語で挨拶。
すると、サルサの音楽。
メンバーの一人(男)に「踊れ」とおじちゃん。
困っていると店のお姉さんリサが教えに来てくれる。
「ウノ、ドス、トレス、クアトロ~(1,2,3,4~)」
お姉さん、腰が素敵です♪
あなたもあなたもと、みんな誘われて踊る。
偶然にも、男3、女3で来てたため、ぴったりペアになってサルサを踊る。
おぼつかなさが、これまたまさにあいのり的♪

すてきにオアシスの夜は過ぎていきました。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-13 02:55 | あいのり的ペルーの旅  

ふらっとペルー ~メインディッシュ マチュピチュ編~

なんと言ってもこの旅のメインはマチュピチュ。
この日をどんなに待ってたことか。

b0001869_1304214.jpg青空が広がって、まさにマチュピチュ日和。
6時~10時半頃まで、約4時間半の列車の旅。
たしかに中国で24時間列車に乗りなれてはいたけれど、
寝転がれないのはかなりの痛手。
とりあえず窓の外の民家やら、豚やらを見て過ごす。
そのうち、ごつごつした急な山の間を走り出す。
世界の車窓はどんどんと変わります。

その後、さらに、急すぎるいろは坂をバスで猛スピードで駆け上がること40分。

b0001869_131113.jpgついに、マチュピチュの入り口!!!!
はぁはぁいいながらマチュピチュの全貌を目にしたときの感動と言ったらもう!!!
ガイドさんのつたない日本語に首を傾げつつも、歴史に想いを馳せる。
全貌も素晴らしいけど、天文学とか、気象学?を利用して精密に作られた細部。
星の角度、太陽の向き。全て計算の上、作られてる。
すごーーーーい!!!!!なんてロマンチック☆☆

マチュピチュを大いに堪能し、お昼ごはんを食べて、
また長い長い岐路に着くのでした。

ちなみにその夜出たコカ茶、
明日の朝元気に起きるためにも息を止めて一気飲み。
「牧草を煮詰めたような味」のコカ茶だけど、きっと私を守ってくれてたはず。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-13 01:14 | あいのり的ペルーの旅  

ふらっとペルー ~旅にハプニングはつきもの編~

なんと3:30起き。今日からクスコへ。

7時の飛行機に乗るべく空港へ。
しかし待てども待てども画面はDelaid
Bording Timeは、8時になり、8時45分になり、
結局9:45になってようやく欠航が決まる。。。

急いで空いてる便を探す。と言ってもツアーです。お任せです。
12:40の便に乗れることに。あぁ、早起きの苦労はなんだったのか。。。
空港に7時間ほど缶詰状態。。

自分で全部やってる旅行なら、1日遅れるくらい計算内だけど、
予定は変更できなかったり、やれることがなかったりでいらいらが募る。
まぁ、とにかくいけたから良いけど。

今日はsan agustin hotelに宿泊。
このホテル、洞窟ホテルみたいでちょーかわいい☆テンションあがる↑↑
しかしここは3300mほどの高地。
走ったり、大声を出したりしてはいけません。たちまち高山病になります。
その病状を和らげるといわれてるのが『コカ茶』
その名の通り、コカインのコカで作ったお茶。激マズでした。。。

休むまもなく市内観光へ。時間押せ押せですから。
*サン・ドミンゴ教会
 ここで気づいた。
 ガイドのマリオの話、真隣でよーーーく聞いても何いってんのか聞こえない。。。
 聞けば聞くほど大爆笑。マリオの口癖の「おうけぃ。」と「あのねぇー」がさらに笑いを誘う。
 見学どころじゃない(苦笑)

b0001869_1322572.jpg*サクサイワマン、タンボマチャイ、プカプカラ、ケンコ
 正直3時半起きで空港で待ちぼうけた疲れがどっぷり。
 +高度による体調不良があいまって、ダウン。
 なんとか観光についていって、たまに写真を撮ってもらった感じ。

b0001869_1324296.jpg

*フォルクローレでディナー
 民族音楽を聞きつつゆっくりディナー。と思いきや、
 白い覆面マスクかぶった人がでてきて、どしどし踊りだす。
 踊ってる女の子の方は大爆笑しながら踊ってるし。。。
 最後の「コンドルは飛んでゆく」とかの演奏はよかったです。

ホテルに帰ってシャワーを浴びるとそのままダウン。ぐったりです。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-13 00:58 | あいのり的ペルーの旅  

ふらっとペルー ~リマ編~

着くと3月6日の早朝。ガイドは日系3世のベッキーさん。
なんとホテルはシェラトンホテル★★★★★

飛行機で散々食べておいて、着いてすぐにビュッフェ♪
みんなにあいのり的あだ名をつける。
ちょっと寝て、リマ観光へ。
b0001869_117197.jpg
*大聖堂、大統領官邸
 外から眺めた。とにかく周りのペルー人はうちらを見て大爆笑。なんだったんだろう。。。

*サン・フランシスコ教会
 ホンモノの骸骨がいっぱい。。。

*黄金博物館
 B1には資産家が趣味で集めたという、金属品や武器が大集合。
 うちらは変な顔の飾りを見ては大爆笑。いつしか変なもの探しに目的変更。
 1Fには世界中の武器が大集合。
 西洋の「鎧」はかっこよかった!!でも武器ばかりが薄暗いところに並んでるのはだいぶ不気味

b0001869_125425.jpg*恋人たちの公園
 海辺の公園。名前の通り、恋人たちがわんさか。さすが情熱の国・・・。
 その所以となる像はなんとも・・・日本人には理解しがたい発想です。

*レストラン Costa Verde
 ペルーの代表的料理セビッチェとマサモラ・モラダにピスコサワーをいただく。

明日のクスコ観光にわくわくしつつ、高山病に恐れをいだきつつ、
大きすぎるベッドで就寝です。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-13 00:37 | あいのり的ペルーの旅  

ふらっとペルー ~地球はけっこう大きいぞ編~

3月5日昼頃、旅の始まり。

初めての添乗員付きのツアー。
何から何まで教えてくれるし、玄関から玄関までお迎えつき。
慣れないわーと思うも、行き先は『ペルー』。用心に越したことはない。

送りの車で、
「今度は南米かぁ。地球は狭くなったなぁ。」とつぶやく祖父。
「そうだねー。」と私。

でも、、、そうでもない。
ほんっと長かった。

日本-トロント13時間。(さらに2時間近く遅れる。。。)
+4時間くらい暇つぶし
+トロント-リマ7時間

遠い。遠すぎるよペルー。

「ペルーってどこ?」とアフリカ大陸を眺めてた○○はひどいにしても、
発売されたばかりの海辺のカフカの単行本の上巻を1日目ですでに読み終え、地球は大きいことを痛感。

とともに、ツアーは18名+添乗員さん。
内訳
男子大学生8人、女子大学生と院生8人、大人2人

自己紹介して、あだ名つけて、、、、なんてあいのり的!!!

わくわくが高まるほど、飛行機が長く感じます。。。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-13 00:28 | あいのり的ペルーの旅