<   2005年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

ステキな先輩

大学時代、一番時間と心を使ってきたサークル活動。

そこではステキな出会いがたくさんあったけど、
その中でもとても私に影響を与えてくれた、ともだちみたいな先輩に会ってきました。

私は大学に入るまで、「先輩」ってすっごく苦手だった。怖かった。

中学生になったばかりのとき、それまで仲良しだった1こ上の友達に手を振ったら怒られた。
周りのみんなは礼をして、「手を振るのは『ナシ』に決まってんじゃん」って言われた。
礼が浅い。スカートが短い。そこに正座して。
上下関係ってすごく苦手だった。

高校時代だって、何もなかったように見えて、実は色々あった。

先輩には、こちらが合わせるものだと思った。
目立たとうとせず、当たり障りなくいるのが一番だと思った。
面倒だから言いたいことを言わずに合わせるようになった。

だけど、大学に入ってその先輩は私の「先輩観」をがらっと変えてくれた。
別に特別なことをしてくれたわけじゃないんだと思う。
ただ、その人の「人への接し方」そのものが、ステキだった。
サークル練以外でも一緒にテニスをしたり、映画を見に行ったり、恋愛の話をしたり。
そんな当たり前のことが、私にとってはすごいことだった。

その先輩に出会ったからこそ、後輩が入ってきたときどんな自分でいたいか、明確に見えた。
尊敬なんて、させるものじゃない。敬意なんてこちらから払わせるものじゃない。
1対1の人間として、ふつーに付き合っていきたい。
「1年先輩」っていうだけで作られる壁を一生懸命壊した。

きっとそれは、先輩観だけじゃなくて、「私のあり方」自体を変える出来事だったと思う。
私のサークル生活にすごく影響を与えてくれた先輩。
でも、彼女はほんとに「普通」でいるだけなんだと思う。

どうもありがとう★これからもよろしく♪
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-01-27 00:09  

村上春樹

今、『ねじまき鳥クロニクル』を読み返しています。

飽きっぽい私がこんなに片っ端から読んだ作家は、
村上春樹しかいない。
村上春樹の世界観がどうとかいうんじゃない。
作品の裏を読んだり、世界観を語るのは得意じゃない。趣味でもない。
ただ、彼の言い回しや何を描写するかといった視点が好きなんだと思う。


村上春樹の長編を読んだあとは、独特の変な感覚がある。

やけに自分の「主観」が研ぎ澄まされて、
周りから聞こえる音や、すれ違う人・物が、
私の他に存在するものとして、明確に意識される。
んー「私」と、「その他の世界」っていうのが、はっきりと離れるとでも言うのかな。

それは気持ちがいいわけでも悪いわけでもない。
ただ、世界が少し違って見えてくる。
その感覚が好きなわけじゃないと思う。
時々こわくなるから。
ずっと信じているものを根底から覆されるような、考えたくないことを考えさせられるような、そんなこわさ。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-01-25 21:54 | music/books/movie  

ありがとう

とことん今の問題に向き合って悩んで考えて解決しにいくか。
とりあえず、かちかちの気持ちを崩すべく、ぱーーっと遊ぶか。

昨日は後者選択。

どうやら成功。

問題を忘れたわけじゃないけど、
なんだか楽になった。とても。
過剰な部分がはがれた気がする。

ありがとう。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-01-25 11:00  

シンプルにいかないこともある

人との接し方って、人生で一番抱える課題だろうなと思う。
家族、友達、恋人、好きな人、先輩、同僚、後輩。

あまりに色んな人がいて、私の中の譲れない価値観に抵触することもある。
相手に合わせることは楽だけど、相手を変えたいと思うときもある。
はっきり言うのは簡単だけど、はっきり言うのがよくないときもある。
伝えたつもりでも伝わってないときもある、どうかわかんないときもある。
どうすれば好きになってくれるかなんてわかんないし、それ以上私に近づくな!と思ってもどうしていいかわかんない。

全部当たり前の、日常的な話だけど、その渦中にいるときはそんなこと言ってられない。
だんだん自分が正しいのかどうかわからなくなってくる。
自分のやろうとしてることがただのエゴなのかもと思えてくる。

できるだけシンプルに生きていたいのに、そうもいかないみたい。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-01-24 11:41  

緊急署名活動

今年の夏ごろに渋谷の国連大学前で難民認定を求めて座り込みをしていた
トルコ国籍のクルド人難民一家のことをご存知ですか?(城の人は知ってますねー)

クルド人難民の父子がトルコに強制送還されました。
まだ他の家族は日本に残っています。
家族まで強制送還させられないように、今多くの団体が署名活動をしています。
賛同してくれる方は、至急連絡ください。
期限は23日24時までなんです!

以下、友人のメールやBBSへの書き込みから引用(一部変更)

***********************

私の大事なともだちの1人が、日本政府によって強制送還されました。
彼はクルド人難民で、トルコを逃れて日本で難民認定を求めていました。
トルコに戻された場合、迫害を受ける危険性が高いということから国連に難民認定を受け、
日本で6万人以上の署名を集めていたのにも関わらず突然強制送還が執行されました。

私はこのニュースに深い悲しみを感じると共に抑えようのない怒りを覚えます。

私は今回このような現状を前に自分に何ができるか、を考えました。
そして少しでも多くの人にこのことを知ってもらいたいと
思ったのでMLにメールを流しました。

以下、関連HPや新聞記事へのリンクです。興味のある方はぜひ訪れてみてください。お願いします。

■■■
難民認定を求めているクルド人2家族のページ
http://www.freewebs.com/kurdjapan/index.html

クルド人難民2家族を支援する会ホームページ
http://homepage3.nifty.com/kds/

昨年夏の座り込みに関するレポート
http://www.mkimpo.com/diary/2004/kurd_sit_in_2004.html

国連難民高等弁務官事務所 プレスリリース
http://www.unhcr.or.jp/news/press/pr050118.html

アムネスティーインターナショナル(日本)ニュース
http://www.incl.ne.jp/ktrs/aijapan/2005/0501180.htm

毎日新聞(記事)
http://www.mainichimsn.co.jp/today/archive/news/2005/01/18/20050119k0000m040087000c.html

朝日新聞(記事)
http://www.asahi.com/national/update/0118/040.html
■■■

署名用紙は以下HPよりダウンロードできます。
締め切りは23日深夜24:00となっています。
http://homepage3.nifty.com/kds/kds_020.htm
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-01-23 23:38  

温泉といえば…

冬こそ行きたい、おすすめ温泉!

年末、12月29、30日と草津温泉に友達といって来ました。


一泊二食はもっちろん。
東京から往復貸切バスで送迎。
夕食のときの部屋はカラオケ付貸切部屋。
温泉は強酸性でちょっとぴりぴりするけど、夜と朝、5回も入れば肌はトゥルントゥルン♪
しっかもーーー
雪景色を見ながら(吹雪を浴びながら)入る露天風呂

それでお値段4725円

えーーーーー

って感じ。
ほんと、お金使わずこんな楽しく過ごせるなんてさいこーです。
提案してくれたTけしにほんっと感謝♪♪
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-01-19 21:52  

ふと。

がんばるぞ、がんばるぞと
blogに書いているものの、宣言しているものの、
「冬」になってから、毎日があまりうまく回転してない。

どっかがひっかかってる。
その原因が何かつかめれば、戻ってひっかかった部分をゆっくり解くのだけど、
どこが何にひっかかってるのか、
ほんとにひっかかってるのかどうかさえわからない。
でもなんとなく無理やり回っている感触がある。

なーんか疲れてしまったー。

とりあえず、今やるべきことを順番に終わらせていこうとやってきたここ数ヶ月だけど、
手ごたえが感じられない。

モチベーションが下がりかけたとき、
どんな人に会って、何をすればいいのかくらいはもうわかってる。
どう考えればなんとかいくかもわかってる。
だからこそ、このblogだって「頑張ろう」でいっぱいだし、
私自身心から「頑張るぞ」って思ってきた。

だけど、その気持ちのアップダウンを繰り返したところで、
同じところを一人でくるくる転がされているような気がしてならなかったりする。

自分に余裕がないから、トモダチとの付き合い方も、家族との関係も、
「悪く」ないけど、「すっきり」いかない。
自分を「うまく」コントロールできない。
それでも表面的にはそれなりにうまく回ってる毎日がむかつく。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-01-19 03:09  

きょうよりあした

サークルのOBOG会に行ってきました。

大学時代、みんなで一緒になって夢中になってテニスしたり、飲みに行ったり、遊んだりしてた先輩たちも、
毎日を別々に過ごすようになると、いろーんな風に違ってくる。

そういうのを見てると、あー私も日々自分の人生を選択してるんだなぁと思う。
就職、っていう大きな岐路が目の前に広がっているけれども、
今日これをやろう。明日はあれをやろう。っていう選択の先に5年後10年後の私がいる。

一日、一時間、私の人生の一部なんだーって実感しながら、ほんとに大事に過ごさなきゃね。

もう、ただただ動き回っても成長しないってわかってるから、
最近は現状に甘んじてて、自分の成長がちっとも感じられないから、
昨日どうしてもできなかったことに毎日挑戦し続けられるような、
自分へのそんな厳しさを持っていたい。

さて、
1月18日は何に挑戦しよう。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-01-18 00:49  

赤坂見附 

友達に、長らく借りていた本を返そうという口実で、ケーキを食べに、
赤坂見附にあるしろたえに行った。

赤坂見附は私の高校があった街。
大好きな街。

ここに降り立つと、色んな思い出が次々に蘇って、年をとった気分になる。
閉店まで週に何回も居座ったり、学校抜けて朝マックしたりと3年間投資しまくったマック。
インド人の店員さんがいつもまけてくれるTHE TAJI。
登校中、友達によく会う交差点。
降り立つたびにどこか変化してる。だけどやっぱり変わらない。

私はここに来る度背筋をぴんと伸ばしたくなる。
大好きな高校のある街だから、しゃんとして、活き活きと降り立ちたい。

頑張ってるよー。でも、変わってないよ。って。



そうそう。しろたえで、2人で何種類か食べたけど、やっぱレアチーズかな?
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-01-16 17:32  

最後の授業にまつわるエピソードvol.3

さて、話は今に戻って…。

11日木曜は最後の最後の授業「ゼミ」でした。

最後のゼミは、結局これから書く自分の論文で頭がいっぱいだったんだけど、
最後に先生からのコメントをもらった後も、すごく名残惜しかった。

今までしてきた勉強は、今までの私にどんな影響を与えてきたんだろう。
これからの私にどんな風に影響を与えていくんだろう。

そんなことを考えてみたり。。。

*今日の決意*
・最後の論文がんばらなきゃ。
・本を読もう。活字に触れよう。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-01-15 01:16