<   2005年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

あなたの結婚相手(女性版)チェック


あなたの結婚相手チェック


あなたの結婚相手はこんな感じ!

あなたが将来結婚する相手は【エグゼクティブ】タイプのようです。

これから先、あなたが結婚することになる相手は、バリバリと働くヤンエグタイプの人。
頭のキレが鋭く、自立心旺盛で行動力抜群。そんなアメリカ映画に出てきそうな男性との、華やかな結婚生活が待っているでしょう。
あなたの旦那さまとなる男性は、頭の回転が速く、何事にたいしてもしっかりとした、芯の強い頼りがいのある人。
一緒にいるだけで、こちらもがんばらなくては、という気持ちにさせてくれるので、精神的に自立しあった良い家庭を築くことになるはずです。
カッコ良くて、誰もが振り返ってしまうような理想の男性とめぐり合うためにも、これからもがんばってくださいね。

あなたが結婚する年齢:30~36歳頃
結婚相手と出会う場所:合コンで
結婚相手の第一印象:すごい、仕事できそう!!

結婚相手のルックス  77%
結婚相手の知的度  100%
結婚相手のやさしさ  57%
結婚相手の甲斐性のなさ  29%



出会う場所は「合コン」
ということで、お友達の皆様、ぜひぜひ、誘ってくださいな。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-30 02:20 | WEB診断♪  

BLOGやめるのやめるか。 やめるか。

ブログどうしよっかなぁ。

12月頃から、4月になったらやめようと思ってたけど、
やっぱり続けたいから、今まで書いたやつを一度消して、
新たに書こうと思って、
全部別に保存したりとかいう作業は年明け頃から地味に進めてたんだけど、

やっぱり書き続けようって思ったのが一週間前。
やめちゃおうかなと思ったのが3日前。

もう1年間続けてきたブログは生活の一部だし、
文章書くのって好きだし、
それに対して人が違った視点からレスくれるのはとても好きなんだけど。。。

私が企業名だしてあるサイトに原稿書いたときも
会社としては別にかまわないって言ってたし、いいんだけど。。。


なんか、私が話す前に、私がどんな生活をしているか知られているのが
つまらなく思えてしまった… 笑


楽しかったことはその場で語りたいし、
辛かったこともそのとき話したい。
私が日々何を考えてるのか、会って話したいなと。
ときには驚かせたいな。とか。


会えない友達には、
ブログ見ることで、より近くに感じるよって言ってもらえてるんだけどなぁ。。


まぁまだ色々考えてるところだからなんとも言えないですが、
GREEやmixiのリンクをはずして、
さらに、BLOGも別のとこで始める可能性も大いにあるので、
もし、引き続き読んでくださる方がいるならば、
ぜひお気に入りに登録をお願いします☆
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-29 22:30  

ほんきで

27日、こどもたちと遊んできた。
こどもと遊ぶのってなんで楽しいんだろう。

私って単純だなーって思う。

こどもたちとやるただの王様ジャンケンだって、本気になってしまう。
ゲームだって負けたくないから、真剣になってしまう。

そういうとこ、ほんっとに昔からこどもだけど、今でもこども。

昨日の暗号解読するために、隠された数字をホールから見つけるのだって、
まさに本気だし。。


だけど、普段大人と同じことやっても、同じくらい楽しいかっていったらそうでもないんだよな。

「疲れるだけじゃーん。」とか、
「またぁ、何やってんだか。」とか、
外から「ほんっと楽しそうな顔しててかわいらしいなぁ。」とか、
ちょっと大人な自分を出しちゃったりする。

あー勿体無い。
世の中には遊びが溢れてて、
1分でも30秒でも、
本気になれば楽しめるのに。

もっと本気になれば、もっとなんでも楽しくなるのかもしれない。

本気でやろう。本気で遊ぼう。
かっこつけてる場合じゃない。

こどもと遊んでるとそんな風に思える。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-28 23:17  

卒業するってこと

卒業。
3月24日、とうとう卒業したわけで。

今は次へフィールドに向かうための準備で慌しくて、
卒業したんだーって実感する瞬間ってなかなかない。

でも、手紙もらったり、色紙もらったり、友達のブログ読んだりすると、
あーそうか。もうあの時間は戻らないんだなぁと淋しくなる。


なんだかちょっとサークルを引退したときを思い出す。

2年生から3年生の夏まで、
私の大学生活の大半はテニスサークルに注ぎ込んだ。

春の大会で優勝したくて、貢献したくて、
春休みは本当に何よりテニスを選んでた。
勝ちたくて、うまくなりたくて、練習したくて。

面倒なことも多くて、
嫌で嫌で仕方ないときもあったけど、
なんで私ばっかりこんな大変なの?って口にしそうなときもあったけど、
それも自分のせいだと思うしかなくてやりきった。

だけど、3年の夏に幹部を引退して、次の代に幹部を譲ってから、
私はほとんどサークルに行ってない。
淋しくて淋しくて。
私が何も知らないうちに、納会の日や場所が決まってる。
練習に顔出そうと思ったら、対抗戦で練習は休みだった。
知らないうちにやめてる子がいた。

「え、それ、知らないや。」 って思うたびに、
もう私のものじゃないんだーって思い知らされて、
だったらいいやと思ってしまった。
引退しても、4年生になってもテニスも飲みも結局来ちゃうんだろうなーと
私だって思ってたのに。

すぐそこにあるようで、とってもとっても遠かった。

高校だってそう。
当時と変わらない仲間と会って、
変わらず無茶な飲みばっかりしてるけど、
手紙回したり、床に座り込んでお弁当食べたり、廊下を走ってみたり、
グラウンドを眺めてみたり、朝から晩まで合唱の練習したり、
毎日のようにマックに通ったあのときみたいな空気は戻らない。

その場所に今、一瞬だけでも戻れたらどんなに楽しいだろうって思う。
テニスの試合前の練習風景に。
テニスの試合の前日、当日に。
高校時代のあの教室に。
今戻れたら、腐るほど平凡だったはずの日常をどんなに楽しめるだろうって思う。

でも、もう戻れない。
離れてからやっとて気づく。
その場所にはもう帰れないってこと。


でも、戻りたいって思うわけじゃない。
これから先も、きっと楽しいことがいっぱいあるはず。
今まで楽しかったことがたくさんあったから、
この先はもっともっと楽しんでやるぞーって思う。

そう。楽しかった今までも、私のパワーの源。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-28 23:07  

今までとこれから

学校に通ってきたこの10数年。
たくさんのことをやってきた。

でも、やれなかったことややらなかったことの方が多い。
当たり前。

世界は広い。
私がやったことなんて、ほんの僅か。

だったら、ちゃんとそれを意識していようと思う。

やってきたことは何か。
それに対しては自信を持っていようと思う。

やらなかった、やれなかった自分を責めるんじゃなくて、
今それを挽回しようとしない自分を責めようと、思う。



もう来週の今日は「社会人」に「会社員」の欄にマルをつける私。
わからないことだらけ。知らないことだらけの毎日。

どんなに大変って聞いても、
どんなに厳しいって聞いても、
わくわくしてしまう自分がいる。
新しい世界に足を踏み入れる瞬間。

それでもやっぱり、新しいこととかできないことをやるときの
心や体への負担は大きい。
周りの人にできることができないこともいっぱいあると思う。
それでも、何があっても、結局私は私。
自分自身や今までの経験は否定しない。
何があっても、また起き上がらなきゃね。


あまのじゃくだから、相田みつをって、毛嫌いしてたんだけど、
教えてもらったこの言葉は、いつも思い出してる。
やることが多くてパンクしそうなとき、
人に多くを求めて、それが返ってこなくてイライラするとき自分に言い聞かせる。


アノネ、がんばんなくてもいいからさ、具体的に動くことだね。(by 相田みつを)
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-26 11:47  

トニー滝谷

友人と映画「トニー滝谷」を見に行った。

もちろん2人とも村上春樹好き。
村上春樹を映画にするって、どんな風になるんだろう??
そんな想いで行った。


結果。
映画としては、きれいだったし、
日本映画独特の雰囲気が好きなので、よかった。

ただ、村上春樹っぽさみたいなのは抜けてた。
なんでか。
2人の共通見解では、村上春樹の小説って、
ほとんど主人公の主観で描かれている。
登場人物も、周りの風景も、主観的に描かれている。
小説では主人公の主観で表現されている主観的世界が、
映画でははっきりと客観的に存在して、目の前に表現されてしまっているため、
なんだか村上春樹的世界とは異なるものになってしまっている気がした。


今日は卒業前に春樹好きの友達と一緒に見ることに意義があった。
1年のとき、就活中、旅行中、就職前の今と、話題は違えど、
変わらず、思ったことが話せて、期待しているような答えが返って来て
池袋のモスとか、ベローチェとか、中国の珈琲languageとか(笑)
どこ行ったときもこんな感じだったなぁって懐かしく思ったり。


けど、そうじゃなかったら。
映画館は小さいし、上映時間は短いし、水曜なのに1000円にならないし、
劇場へ行かずビデオで見てもいい作品かなぁとは思うかなぁ。

あ、でも坂本龍一の音楽もよかったし、
幸せな場面が幸せに溢れすぎてて切ないし、
とにかく宮沢りえと、宮沢りえの着てる服がかわいすぎて、人形みたいだし、
見て損はないなぁ。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-23 19:49 | music/books/movie  

蘇生

またまたMr.Childrenの歌詞です。

二車線の国道をまたぐように架かる虹を
自分のものにしようとしてカメラ向けた

光ってて大きくて
透けてる三色の虹に
ピンとがうまく合わずに
やがて虹は消えた

胸を揺さぶる憧れや理想は
やっと手にした瞬間に その姿消すんだ

でも何度でも 何度でも
僕は生まれ変わってゆく
そしていつか君と見た夢の続きを
暗闇から僕を呼ぶ
明日の声に耳を澄ませる
そうだ 心に架けた虹がある


カーテンが風を受け
大きくたなびいている
そっと見え隠れしている 
テレビに目をやる

アジアの極東で 
僕がかけられていた魔法は
誰かが見破ってしまった
トリックに解け出した

君は誰だ?そして僕は何処?
誰も知らない景色を探す
旅へと出ようか

そう何度でも 何度でも
君は生まれ変わっていける
そしていつか捨ててきた夢の続きを
ノートには消し去れはしない昨日が
ページを汚してても
まだ描き続けたい未来がある
 

叶いもしない夢を見るのは
もうやめにすることにしたんだから
今度はこの冴えない現実を
夢みたいに塗り替えればいいさ
そう思ってんだ
変えてゆくんだ
きっとできるんだ


そう何度でも何度でも
僕は生まれ変わってゆける
そしていつか捨ててきた夢の続きを
暗闇から僕を呼ぶ
明日の声に耳を澄ませる
今も心に虹があるんだ

そう何度でも何度でも
僕は生まれ変わってゆける
そうだまだやりかけの未来がある



今日のテーマソングはちょっと熱め。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-22 02:09 | music/books/movie  

大海

どんなに楽チンでも、
井の中の蛙ではいたくないし、
今の段階で現状に満足したくない。

それなら、それなりに、
目の前の小さな壁も大きな壁も、
乗り越えたほうがよさそうなら乗り越えなきゃと思う。

やっぱり上を目指したいから、
戦っていこう
と思いました。

ひとつひとつ。具体的に具体的に。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-19 01:42  

パワーの源

あす香の旅日記化してるこのBlog
まぁいっか。

長野の大学に通っている高校の友人Kちゃんに会いに、Y子とバスで信州へ。

バスの中では
「Kちゃん何もないって言ってたけど、コンビニくらいはあるよねぇ。。。」
「え、ある…よねぇ。ほら、大学あるし。ねぇ。」
と言ってたけれど、実際、コンビニやスーパーがあるくらい(笑)

でも、そこにはのーんびりした空気が流れてて、
馬とかやぎとか羊とか牛とか駝鳥とかたくさんの動物がいて、
おいしいご飯があって、
高校の思い出話があって、
近況報告があって、
そりゃぁもう、大満喫*

・・・えぇ、22歳にして池に落ちたことを除けば。
(いや、あれがあったからこそ、思い出深い旅になったはず。うん。ね。
Y子が「氷の上乗ってみて」って言うから・・・。。。
あーゆーのY子の役だと思うんだけど… ほんっっっっと冷たかったし。)


Y子は4月から夢だった看護婦さんになる。おーこわい
Kちゃんは4月から農学部3年生。ラクロス漬けの毎日。
私は4月から営業として働く。
はたまた今年、大学に入学する友人がいたり、
今就活真っ最中の友人がいたり、
院に進む友人がいたり。

高校時代は、25Room、35Room(高校のクラス)っていう同じ空間で
学校行って、授業受けて、部活して、帰ってって、似たように時間を使って来たのに、
気づかないうちにみんなの生活はどんどん違うものになっていた。
これからますます違う生活が始まっていく。

そう思うと、やっぱり、これって私の人生で、
気づかないうちにいろんなこと選択しているんだなぁってしみじみ思う。
で、これでいいのか?って焦ったりもする。

久々にゆっくり一緒に過ごして、
牛を驚かしたり、やぎに話しかけたり、相変わらず本当にくだらないことやったけど(笑)
違うところで頑張ってる友人の存在って、
私にとって、何にも勝るパワーの源。

よし、やるぞーーーー。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-17 00:27  

ふらっとペルー ~はらはらどきどき編~

最終日、時間が余ったので、1時間ほどスーパーに寄ることに。
よくアメリカとかにあるでっかいスーパー。
陳列具合はめっちゃくちゃで、ジュースが色んなとこにおいてあったり、
売り場の真ん中に、2羽の白兎がケースに入れられてたり…謎だらけ。

スーパーを見終えて時間が少し余ったので、友人と2人で向かいの建物に入ってみる。
そう、これがハプニングを巻き起こすことに…。

向かいの建物もさらに大きなスーパー。
とにかくでかい。なんでも売ってる。
スーパーというよりはホームセンターかな。

残り時間僅かになって来て、出口を探す。
こっちから出れれば近いなぁと、入ってきたとことは別の方向へ。

おっ!ドア発見。
出口の表示はあり。でも、なんか従業員出口っぽい。
しかしスパ語の読めない2人。
とりあえず、私がドアを押してみる。
すると。

ピコンピコンピコン・・・
ウーウーウー・・・


店のあちこちから大きな音!!!

やばいっ!!!!
思った瞬間2人ともいっそいでドアから離れ出口へ向かう。
叫び声が笑い声になりつつ2人でとりあえず逃げる。
もううちら犯人だってばればれ。
ただでさえ浮いてるうちらが笑いながら逃げていくのを睨みつけるペルーの方。。

ごめんなさいごめんなさい。
軽く遅刻してバスに戻る。  ふぅ・・・。

その後は、おもちゃから流れる電子音も、
空港で鳴るブザーも、全ての電子音にビクビク。
あーーー音だけでよかったぁ!?
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-03-13 03:55 | あいのり的ペルーの旅