<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

祭りだけんかだ江戸っこだー

三社祭に行ってきました。

深川で育ったこともあって祭り好き。
浅草の友達を見つけたので、観るだけじゃなくて担ぐことができました☆☆

三社って、深川と違って荒い。
気が荒いよ皆様。
そこが祭りっぽくて、本気が伝わってきて、すごいエネルギーに圧倒された。
気持ちが高揚して、「私も私も」って気持ちが出てくる。

はんてんを着てるかどうか。
はんてんに名前が入ってるかどうか。
そんなことが非常に大事。
やっぱ祭りにでると感じる。古くからある日本の姿。
血縁。地縁が大事。
「○○さんとこのせがれがまだ担げず並んでるのか!前へ入れ入れ。」
みたいのが正々堂々とまかり通る。

それでも担いでもいい場所は限られてる。
そこにはそこのルールがある。合理的かどうかじゃない。

日常社会ではそういうのってなくなってきてるように見えるけど、あるんだよねー。
でもそれが嫌味に感じないのはなんだろう。


コネとか、ビジネスではマイナスに捉えられてるけど、
祭りで感じるコネってとっても暖かい。
お世話になっている人への日ごろの恩を、そのこどもや孫に返してあげる。
それでもここぞというトキは年功序列。
若造はどいてろ的雰囲気たっぷり。


なんか、そういうのもいいよなぁ。


今日は、浅草に、三社祭りに、粋な担ぎ手に、
たくさんのエネルギーをもらいました。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-05-22 23:21  

本棚作成中

BOOKLOGって知ってます??

自分の好きな本、好きな音楽をただただWEB上の自分の本棚に並べていくだけなんだけど。。
言ってしまえばバーチャル本棚です。

まだまだ始めたばかりの私の本棚も公開しちゃいます。

すてきなじかん

素敵な時間を過ごすための素敵な言葉・音楽・物語。
素敵に生きるための知識。
ぜひ私に紹介してください☆
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-05-22 12:15 | music/books/movie  

生きる

小学生のときに朗読した覚えがある谷川俊太郎さんの詩。
今日立ち寄った本屋で、本の帯にこの詩の出だしが見えて、ついつい開いた。
やっとわかってきた「よさ」
こういう良さがわかるのは、大人になるってことのいいところだと思う。


生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまが過ぎてゆくこと

生きているということ
いま生きているということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ

[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-05-21 23:26 | music/books/movie  

おらに元気をわけてくれー

ちょっと、というかけっこう息切れ中。
おらに元気をわけてくれー な感じ。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-05-20 00:13  

聞き上手って。

相手がどう考えてるかを察した上で、受注までのシナリオを描いて、自分の役割を演じる。
相手の悩みを解決してあげるとか、
本当にクライアントにとって何がいいのか考えるっていうのはもちろんだけど。
+αのところでは、営業って演じる側面もあると思う。

でも、それって営業だけの話じゃないよなぁ。

普段のコミュニケーションだって、100%演じてないとは言い切れない。
聞き上手でありたいと思うと、
(憶測ではあるけど)相手は今きっとこう思ってて、こういう反応を待ってるんだ。
そういう風に頭が動いて、そういう風にリアクションする自分がいたりする。
実は外れてることも多いとしてもね。

そこまで行かなくても、
誰だって、誰かの話を「つまんないなー。私の話も聞けよー。」と思いつつ、
「へー。そうなんだぁ。」って興味津々な顔で聞いた経験とかってあると思う。

話してる相手への礼儀っていうのがあって、
話してる相手の気持ちへの配慮っていうのはある。
それは必要。
でも行き過ぎるとおかしなことになる。
自分の行動の基準が相手に委ねられてしまって、
自分自身からどんどん離れていく。

そうすると、
相手のためを思ってしていることなのに、
返す言葉は心じゃなくて頭からはじき出された上っ面の言葉になる。


別に、悩んでるわけでもないし、
自分の本心と、返す言葉が大きく乖離することって、あんまりないけれど、
「話し手の気持ちになって、話を聞く」ってことは、
突き詰めてしまうと、自分の感情を抜きにしてしまうことになるんだよなぁと思って。


期待されているであろう自分。
こうありたいと思う自分。
実際の自分。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-05-08 00:37  

京都に行ってきました

京都から帰ってきました。
いい旅でした。

ヨーロッパや南米でたくさんの教会を観て、美しい庭園を観てきたけど、
京都の意味のわからない枯山水の庭がどうもおちつく自分がいて。
やっぱ日本人だよなぁと思う。

桜を観るには遅すぎる時期だったのだけど、
新緑がほんとうにきれいで、歩いているだけでたくさんのパワーをもらえた。

3日間で本当にたくさんのところに行った。

鈴虫寺⇒渡月橋⇒野々宮神社⇒妙心寺⇒竜安寺⇒北野天満宮
東福寺⇒平等院鳳凰堂⇒清水寺⇒八坂神社⇒高台寺
銀閣寺⇒永観寺⇒南禅寺

オススメは、
鈴虫寺
東福寺
妙心寺

食べ物のオススメはダントツで、
中村藤吉本店の抹茶味の生チョコレート。


ここ最近は1年に1度は欠かさず京都に行っているのだけど、
そのくらいのペースで行きたいなぁと思った。

歴史に想いをはせる。
日本の仏教美術にふれる。
自然をそばに感じる。
おいしいご飯を食べる。

最高のサプリメント。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2005-05-03 10:06