<   2007年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

暮らし方

貴重な1ヶ月でした。
って、まだ終わってないんだけど。

倒れてからも、仕事は忙しくなる一方。
別の日もまためまいで倒れて、ついに病院行き。

めまいはするわ、吐くわ、朝立ちくらみするわ、頭は痛いわ、
焦点が合わなくなるわ、息切れが激しいわ、じんましんがでるわ、
全てを否定的にしか受け取れなくなるわ、いつも泣いてるわ、
笑顔が作れなくなるわ、
もう、信じられないくらい体も心もずっと具合悪い毎日でした(です!?)。
風邪とかでもないのに、人の体ってこんなに具合が悪くなるんだとびっくりしました。

結局、仕事は全然休めず。
今も治ったのかはわからず。


でも、色んな気づきがありました。

「具合悪いんだから、早く帰れよー」って、やさしさに見えてなんて無責任な言葉なんだろうと気づいた。
「こんな具合悪いんだから早く帰れるものなら帰ってるわ!」というのが本音で。
「どうしたら一刻も早く帰れるのか」一緒に考えなきゃいけないんだね。
そんなことにも自分が当事者になるまで気付かなかった。

「最後にブレーキ踏むのは自分なんだからね。ホントに体壊したら怒るよ。」
彼に言われて、甘えていた私に気付いた。
お医者さんが、上司が、同僚が、止めてくれるような気がしてた。
当たり前だけど、自分は自分で1歩手前で守らなきゃいけない。
必死だとそんなことにも気づけない。

忙しいし、すごくプレッシャーもあるけど、やりがいもあるし、人や社会への影響力もある。
そんなに高額なものでなければ好きなものが買える。
平日はそれこそ毎日12時半とかまで働いてて、特に今は1時とか2時のタクシー帰りもあるけど、週末は比較的ゆっくりできる。
私が選んだ暮らしだった。
でも、金曜日家に帰ったら、月曜から母の肋骨にひびが入ってることを知って、
一緒に住んでるのに、確かにずっと顔を合わせてなくて、そんなことも知らなかった。
プライオリティーのつけ方がわからなくなる。
きっと、この忙しさは一時的なもので、時期に緩和されるけど、またこういう時期もやってくる。
そのとき、私はまたこんなつらい時期を過ごすのかなぁ。

バランスがとれてないなぁ。

きっとまだまだこんな毎日は続く。
何かを決意したところで、明日がすぐに変わるわけじゃないけど、
何かを決めなきゃいけない気がする。
[PR]

by kinou_kyou_asu-ka | 2007-09-09 23:55 | ひとりごと